神戸市灘区、阪急六甲駅前の子どもと大人の矯正歯科

  • おざき矯正歯科クリニックの電話番号078-200-5488

不正咬合の種類

出っ歯

専門的には、上顎前突(じょうがくせんとつ)と呼びます。一般的には、出っ歯と表現していることが多い ようです。
上顎前突は、上あごや上の前歯が前に出ていたり、下あごや下の前歯が後ろに引っ込んでいる状態です。見た目の問題もありますが、歯が折れやすいなど、見た目以外の問題もあります。

受け口

専門的には、反対咬合(はんたいこうごう)、下顎前突(かがくぜんとつ)と呼びます。一般的には、受け口(うけぐち)と表現していることが多いようです。
反対咬合は、下の歯が上の歯より前にでている状態です。見た目の問題もありますが、物を噛みきれない、発音がうまくできないなどの問題があります。

ガタガタ(デコボコ)

専門的には、叢生(そうせい)、乱杭歯(らんぐいば)と呼びます。日本人に多い八重歯も叢生に分類されます。
叢生は、あごが小さい、歯が大きいなどの要因で、歯が生えてくる隙間がないためにガタガタ(デコボコ)になっている状態です。歯が重なり合っている状態で、歯みがきがしにくく、むし歯、歯周病の原因になっています。

八重歯

専門的には、上顎犬歯の低位唇側転位と呼びます。上側の犬歯(上顎犬歯)が歯列より前(低位唇側)にでている状態です。
八重歯は、見た目だけではなく、他の歯への負担が大きくなり、他の歯の寿命が短くなる可能性があります。

前歯が閉じない(前歯で咬めない)

専門的には、開咬(かいこう)、オープンバイトと呼びます。
開咬は、おしゃぶり・指しゃぶりや口呼吸、舌の癖が要因で、奥歯でしっかり噛んでも、前歯がしっかりと噛み合わない、前歯が開いている状態です。発音しにくい、物が噛み切れないなど日常生活にも影響がでてきます。

おざき矯正歯科クリニック 078-200-5488

神戸市灘区曾和町3丁目2-1
ソワサンドゥ1F
阪急神戸線 六甲駅徒歩4分
専用駐車場完備

診察時間
11:00~12:30
14:00~19:30

△9:30~12:00 14:00~18:30
※月に1回日曜無料相談会を実施しております。
[休診日]火曜、金曜、日曜、祝日

タップしてダイヤル